講演「定年後も稼ぎ続けるエンジニアであるために」

起業ノウハウ

先日、ご縁があって電子情報通信学会のイベントで講演をさせていただくことがありました。

昨年末にお声をかけていただき、「人生100年時代における技術者・研究者としての心構え」というテーマの講演会で、3名程度の方に登壇をお願いしたいということで、お引き受けすることにしました。

当初は4月の中旬に、都内の会場をとってやる予定でしたが、新型コロナの影響で4月は延期になり、5月に今度はオンライン(ビデオ会議形式)でやりたいと連絡がありました。

コンサル活動も3月以降はオンラインでやるケースが多かったので、抵抗もなく「構いませんよ」とお答えしたものの、50人くらいは参加するかもしれない会で、回線の問題などは大丈夫かと、少し心配はしていました。

私はテーマに合わせて、自分の経験を中心にお話しさせていただくことにして、「定年後も稼ぎ続けるエンジニアであるために」という題で、30分ほどお時間をいただくことにしました。

当日は200人の申し込み(満員御礼)があったそうで、これは在宅のまま聞ける講演だからかもしれないと思っていましたが、タイトルも多くの人が興味のあるものだったのかもしれません。

当日は、WebExを使ったビデオ形式で、結果的には140名程度が参加されていたようです。

皆さん、こういう形での大勢の会議に慣れていたわけではないので、マイクをミュートにしないで参加されている方も多く、生活音が流れてしまって、最初はどうなることかと思いましたが、事務局の方の声かけでそれも収まり、無事に会を行うことが出来ました。

当日の音声を録音していたので、オープニングとエンディングの動画を追加して、一本の動画として編集できたので、公開することにします。

定年後に稼ぎ続けるエンジニアであるために
人生100年時代を生き抜く技術者、エンジニアが、定年後も社会貢献を続けて、収入を得続けるための心構え、定年前に準備すべきことをお伝えします。

 


↑チャネル登録をお願いします。
撮影慣れしてないので、カメラ移りも良くないし、しゃべりにも課題はたくさんありますね。

今回、お伝えしたかったのは、技術者であれば必ず何か人の役に立てること(コンテンツ)を持っているはずだということ。

それを自分で見つけるには、自分の棚卸しが必要だということです。

私自身が半年くらい前に書いた小冊子「シニア技術者 再生の手引書」に書いた内容を簡単にまとめて話したので、参加者で興味がある人には無償で差し上げることにしたら、講演会の終了後に10名程度から希望する旨の連絡がありました。

 

 

コメントもたくさんいただき、皆さん、将来に向けて色々と努力されていたり、悩んでいたりする方が多いのだと、改めて気づくことが出来ました。

「自分の棚卸し」は、実は出来そうで出来ないことで、自分を客観的に見つめ直すのは、とても重要なことだと思います。

この記事を読んでいる皆様も、ぜひ、「自分の棚卸し」をなさってみてください。

 

シニア起業のためにどんな準備をすべきか、棚卸しやポジショニングの取り方、自分独自のコンテンツの作り方や成長のさせかたなど、具体的な方法を下記の無料セミナーでお伝えしています。

 

定年後も稼ぎ続ける技術者になる|無料キャリア設計法セミナー | 技術者のスキルアップ
10年後、定年後の人生を豊かにする、定年後にも仕事を続ける、そのために資格を持つ努力よりも、自分の棚卸し、ポジショニングから自分を見つめ直すことが重要。社会から選ばれるキラー・コンテンツ作成まで全ステップを学びます。エンジニアの技術を収益に変えるワザ、成長するために明日からやるべきことがわかります。

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました