美味しいベルギービールで在宅ストレスを乗り切る

健康維持

休みの日なのにジムにも行けないし、外に飲みにも行けません。せめて家での生活を楽しくしたいですね。

 

在宅のストレス解消

新型コロナウィルスで、外出自粛が強く求められる中、みなさんストレスが溜まっていませんか?

家族が一斉に家にいることで、夫婦仲が悪くなった(もともと悪いのが険悪になった?!)という話もあり、コロナ離婚などとも言われています。

運動不足になることも問題視されていますよね。

我が家も、妻と娘、そして私もこの時期、会社を休んだり在宅勤務をしていて、ほぼ毎日家にいます。

電車に乗ったり、日常品の買い物以外に人の多い所には極力外に出ないようにしています。

それでも、運動不足にならないように、たまに2つ隣の駅くらいまで散歩に出かけたりしていますが、ただ単に歩くのはモチベーションが高まらないので、2つ先の駅にある、美味しいものを食べさせてくれるお店のテイクアウトを狙って、美味しいランチや夕食を普段食べれないものにすることで、家での楽しみを増やそうとしています。

大好きなベルギービールを楽しみに加える

妻と娘が、毎日ではなくても週に2、3回は、美味しいものをテイクアウトで楽しもうという作戦を考えて、今週はどこの何を食べようかと話しているのは、ストレス発散だけでなく、なんだかワクワクしますよね。

私は、食べ物の情報はあまり持ってないので、なかなか美味しいもの選びの会話には参加できません。

なので、自分の好きなものをこの楽しい我が家のイベントに加えることを考えました。

外資系勤務時代にベルギーに長期滞在していた経験から、ベルギービールが好きになって、その中でもLeffe Darkというビールを、ベルギーにいるときは毎日のように飲んでいました。

ベルギーでは、普通の値段(日本で日本のビールを飲むような値段、600円~700円くらい)だったと記憶してますが、日本のレストランでたまたま置いてあったとしても、一本1200円くらいして、なかなか手が出ないのと、頑張って飲んでも一本どまりという感じです。

今回、在宅を楽しむために、通販で買ったらいくらくらいかと思って調べてみたら、一本(333ml)で400円台といったところでした。

ベルギーでは、ものすごくたくさんの種類のビールがあるのですが、それぞれのビールには専用のグラスがあって、どこでビールを飲んでも、専用グラスで好きなビールを楽しみます。この専用グラスもベルギービールの楽しみの一つなんですね。

今回、Leffeの専用グラスと、Leffe Dark(日本ではレフ・ブラウン)20本を購入し、晩酌用、及びたまには休日のランチにも飲めるようにしました。

こんな状況でなければ、週に2、3回外に飲みに行って、1万円以上使っていることを考えると、20本で10日間くらい大好きなビールを楽しめて、1万円以内です。決して高くはないですよね。

専用グラスは、グラスだけで買うのは結構高くつきますが、ビールの頼み方によっては、ビールのおまけとして入手できたりもします。

ベルギービールは、あまりにもたくさんの種類があって、味もそれぞれだいぶ違います。

好みの違いがありますが、私は断然、Leffe Dark(レフ・ブラウン)をお勧めします。

いわゆる黒ビールですが、普通の黒ビールのような黒糖くささがなく、アルコール度数も6.5%とちょっと高めで、飲んだ瞬間のキレもあって、本当にお勧めです。

食卓の雰囲気を変えてストレス解消

ベルギービールに限りませんが、いつもと違うもので気持ちに刺激を与えてみると、家族との会話も弾むと思います。


Amazonで見る

 

日本ではベルギービールをしょっちゅう楽しむことはなかなか出来ませんが、実は例年、ベルギービールウィークエンドというイベントが、日本の各地で開かれています。(札幌、東京、横浜、名古屋、大阪などで、それぞれ年一回)

私は2016年くらいから、毎年、東京の六本木でのイベントに参加していますが、結構たくさんの人が参加していて、ベルギー大使館が主催者になって、とても楽しいイベントになっています。

 

今年は、コロナの問題で開催も危ぶまれているし、このままではきっと開催は無理なのでしょうが、また参加できることを楽しみに、今年は我慢することにします。

なので、せめて我が家で、いつもと違う大好きなビールを楽しんで、この苦しい時期を乗り切りたいと思っています。

ちなみに、「世界のビールを楽しもう」というブログなどもやっていますので、そちらもご覧ください。

 

Enjoy World Beer
世界のビールと美味しい料理を楽しもう

 

Enjoy World Beer
Enjoy World Beer - 「いいね!」5件 - 世界のビールの味だけでなく、ビールに対する想いや楽しみ方について触れることで、世界の文化や考え方をもっと深く理解するきっかけを作るサイトです。

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました